足が熱い!眠れない!・・・その原因と対策

公開日: : 最終更新日:2016/05/15 からだ

【読了時間:約 3 分

私は、たまに足が熱いときがある。いや、あった。特に夏に頻発した。今年は大丈夫だが、足が熱いときはとにかくなかなか眠れないといった状況が続いた。

一方で体は普通であり、なぜだか足だけが熱かったのだ。

さて、その原因について見ていこうと思う。そして、そんなときの対策および改善法のようなお話もしていこう。

足が熱くなる原因

何も悪いことはしていないのに、なぜ足だけが妙に熱くなるのだろう。

私は次のような仮説を立てた。

“血行が悪くなることによって血液が下のほうに溜まりやすくなる”

・・・いかがだろうか。

地球の重力のことを考えると、血液が下に溜まりやすくなるのは当然だ。血行が良ければ下に溜まった血液も効率良く上に流れるが、血行が悪ければそれがうまくいかないと考えるのが自然だ。

血液は体温を帯びているため、足に溜まればそこが熱くなるはずだ。

では、私の仮説は正しかったのだろうか。

・・・色々調べてみたところ、あながち間違いではなかったが、答えとしては不十分だった。

私が立てた仮説は大雑把に言えば「血行不良」であったが、色々なサイトを見てみて散見されたのは、

  • 自律神経の乱れによる体温調節不良
  • 足の疲労による冷却機能低下

 
といったものと、私の仮説である、

  • 血行不良による隠れ冷え性

 
ということだ。

これらが足を熱くしている原因だ。

自律神経の乱れはあらゆることから起きる。不規則な生活、ストレスなど、要因は多くて人によっても違う。

更年期の女性の場合は女性ホルモンのバランスの乱れによって自律神経が乱れることもある。

それから、足の疲労は、歩きすぎたり立ちっぱなしの時間が多かったりすると起きやすい。

なるほど、たしかにそれは言える。私はウォーキングが趣味であるため、何時間も散歩することが多い。足が熱くなったのはたいていその晩だった。最近は都合があってあまり歩かないため、足が熱くならない。

もしかすると、私の足の熱さの原因はこれだったのかもしれない。歩くことで血行促進になっており、それで血行不良はありえないと思うからだ。

なお、血行不良もあらゆる要因によって引き起こされる。不摂生、老化、運動不足、ストレスなどがある。一概には言えない。

そして私が最も驚いたのは“隠れ冷え性”だ。

隠れ冷え性

足が熱いのに冷え性とは面白い。

だが、これもいくつかのパターンが考えうるだろう。

まずは、単に足が冷えてしまった場合。

このときは確かに足は冷たくなるが、その冷えた部分を温めようとして脳は指令を出す。そう、体はうまい具合にできているのだ。

つまり、その足の熱は体の正常な反応なのだ。事実として言えるのは、足が冷え性に陥ったということだ。

一方、体自体の冷えからも起きるだろう。

体が冷えると、当然ながら血行が悪くなる。すると、血液が下に溜まりやすくなるからだ。

これは当初私が立てた仮説とほぼ同意義だ。

結局、あなたのその足の熱さの原因とは

では、結局のところ何が原因なのだろう。

それは、あなた自身がよく分かっているはずだ。

足を使っていないのに足が熱くなっているのなら、足の疲労はありえない。
足を使っているのに足が熱くなっているのなら、足の疲労がありえる。

・・・といった単純な話だ。あと、普段の生活態度も振り返ってみると良いだろう。

足が熱い!眠れない!・・・そんなときは

とにかく冷やさないことが大切だ。

なぜなら、冷やすと血行がさらに悪くなってしまうからだ。血行がたとえ良い状態でも、冷やすことはタブーだと思っておこう。

とは言うものの、足が熱いと、唸るばかりでなかなか眠れない。眠れなくて睡眠不足に陥り、結局健康には悪くなる。

だったら、その日は仕方なく足を冷やし、翌日の日中から改善を試みるのが賢明だろう。

安らかに眠るために、布団から足を出してみよう。そして、可能であれば風を当ててみよう。

私の寝室は、ちょうど足に風が当たるような箇所にエアコンが設置されている。そのため、風向きを足のほうに設定することで熱い足を冷やし、落ち着いて眠ることができた。

あまり冷やすと体まで冷えたり脱水症状を招くことがあるので、設定温度を高めにし、弱の状態で風を当てることをおすすめしたい。

ただ、こういった行為は極力一晩までにとどめておきたいものだ。

もし運動不足だと思うなら、翌日は意識的に足を動かしてみよう。
足が疲れていると思うなら、足を休ませてあげよう。

冷え性を招いている可能性があるのなら、温めてあげることがポイントだ。マッサージをしても良いだろう。

また、温かい飲み物を飲んだり、代謝を良くしてくれるような食べ物を摂取することも有効だ。ぜひ意識してみよう。

病気や体質について

あまりに足の火照りが気になるようなら、病気を疑ったほうが良い。

何らかの疾患により、体温調節がうまくいかなかったり血行が悪くなったりすれば、当然身体に影響が現れる。

気になるようであれば、内科や冷え性を取り扱っている病院に受診されることをおすすめしたい。

また、病気とは別に、単純な対策も重要だ。それはほっと熟成発酵しょうが という生姜ドリンクなどで試みることができる。

まとめ 

今回は、足が熱いといった状態の原因と対策・改善法について見ていった。

とにかく冷やさず、温めてあげること。そして疲労感があるなら休み、運動不足感が否めないなら運動することが大切だ。

生活習慣も見直し、体質改善に努めながら健康的な体を目指していこう。

足が熱いことひとつのせいで睡眠不足になってしまっては面白くないだろう。

 
スポンサーリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

血の気が引く感じがするとき、体では何が起きているのか

理由はどうであれ、たまに血の気が引くような感じがするときはないだろうか。私は、1ヶ月ほど前にあった。…

記事を読む

貧乏揺すりと言うな!贅沢揺すりと言え!血液の流れを改善

貧乏揺すりを嫌う人はことごとく嫌う。贅沢ゆすりとは知らずに・・・。 じっとしていられなくて脚をブル…

記事を読む

便が硬くて出ない!そんな便秘をすぐに解消できる9つの方法

朝、便が出ないだけで一日の気分が不調にならないだろうか。仕事中に腹痛に見舞われたり、オナラが溜まって…

記事を読む

肌のガッツは血行促進で生まれる

美しい肌を持つ女性は私の心を打つ。また、美しい肌を持つ男性は私の心を騒ぎ立てる。 でも、肌が美しい…

記事を読む

代謝を良くして痩せよ!楽に無理せずダイエット

冬が好きだ。だって、厚着してごまかせるから・・・。 そう思っている女性は少なくない。でも、本当にそ…

記事を読む

PAGE TOP ↑