顔が青白いのは病気?原因を突き止めて改善に努めよう

公開日: : 最終更新日:2014/08/29 からだ

【読了時間:約 4 分

顔が青白いと不安になり、余計に青白くなってしまう・・・。

まさに今その状況なら、きっとこの記事が背中をそっと押してくれることだろう。

顔が青白いと、何か病気でも持っているのではないかと不安になるのも無理はない。だからといって、気を病む必要はないので、落ち着いてこの記事を読んでいただきたい。

まず大事なことは、原因を突き止めるということだ。

顔が青白い原因を突き止めよう

それでは、順番に見ていこう。

冷え

単に体が冷えて血行不良に陥っている状態だ。

精神的なもの

よく、怖い経験をしたときに顔面蒼白といった症状に陥ることがあるが、そういうのを俗に「血の気が引く」といった表現をすることがある。

まさに今、そういう状態になってはいないだろうか。

病気ではないかという不安以外に、これから何か重要な仕事が待ち構えているとか、嫌いな人に会わないといけないとか、忙しくて体が疲れているとか、色々あると思う。

こういった精神的なストレスが原因で、自律神経が不安定となり、血管が収縮したり血行が悪くなったりする。

これにより、顔が青白くなってしまうことがある。

貧血・病気・生理

体質的な問題として、貧血もひとつ原因にある可能性がある。上の精神的なものから来る血行不良も、言うなればこの貧血だろう。

貧血の中でも特に多く見られるのが、鉄欠乏性貧血というものだ。字のごとく、鉄分が不足することによって赤血球を十分に作れなくなってしまう症状のことをいう。

病気を持っている場合も貧血になることがある。例えば、消化器官の出血(炎症や癌)が起きれば、血液が薄まってしまう。

もし体調が芳しくなく、顔面蒼白が長く続くようであれば、何かしらの病気にかかっているものと見たほうが良い。 

あと、これは女性に限ったことだが、月経時の出血によって血液が薄くなり、貧血状態に陥ってしまうことがある。このときに青白い顔になってしまう。

原因のまとめ

顔が青白くなることひとつとっても、実に色々な原因が考えられる。

どのようなことが原因かを突き止めるには、以下の順で見ていくと良いだろう。

  • 体が冷えていないか、冷え性ではないか
  • 体が疲れていないか、ストレスを抱えていないか
  • 貧血体質ではないか
  • アレルギー持ちではないか
  • 生理中ではないか
  • 何かしらの病気を抱えていないか

 
的確に突き止めることはなかなか難しいが、難易度が低い順に確認し、改善を試みていこう。

顔面蒼白の改善について

顔が青白いときの改善法は、大きく分けてふたつある。

  • メイク等でごまかす
  • 上記の原因を断ち切るor改善する

 
メイクについては、特に説明をする必要はないだろう。血色の良い顔に見せかけるといったことだ。

ただ、メイクでいくらごまかすことができても、一時的な回避となるだけで根本的な解決にはならないので、その点はしっかりと自覚しておこう。

今回言及したいのは、やはり上記の原因を断ち切ったり、現状より良くしていくといった方法だ。

順に見ていこう。

冷え

冷えを改善する方法は多いが、可能な限り全部に努めていただきたい。

運動をしっかり行うこと、外的な冷えから身を守ること、栄養バランスの良い食事をすることなど、色々ある。

また、ビタミンやミネラルが多く、血行を促進してくれる食べ物などもおすすめだ。

ビタミンCには血液をサラサラにする効果もあるし、ビタミンEは抗酸化作用による血管老化防止にもなる。緑黄色野菜や大豆が良いだろう。

国民的料理カレーライスもポカポカにはなる。

なお、生姜は血行促進かつ体温保持の代表格といえるほど、冷えの解消には強い。生姜を料理に豊富に使うのも良いし、生姜のドリンク も手軽で好ましい。

精神的なもの

精神的な問題も、冷えを招くことがあるため、できるだけ改善していこう。

大きな病気をはらんでいると思っても、まずはその気持ちは捨て、「きっとほかに原因があるんだ」と自分に言い聞かせることが大切だ。

日頃の生活上のストレスは、なかなか対策がしづらいが、前向きに考えていく努力をすることを怠らず、疲れを溜めないようにしていこう。

事が済めばきっと明るい顔を取り戻せることになる。

もし、気になるようであれば、深く考えずに病院へ行かれることをおすすめする。気を重く病んでいるなら精神科が良いが、顔面蒼白が治らない原因がほかにありそうなら内科等にかかると良いだろう。

貧血

通常の貧血は、鉄分の多いものを摂るように心がけることが大切だ。レバーや貝類、青魚などを進んで食べるようにしよう。

なお、牛乳は鉄分を多く含むが、腸での吸収を悪くするといった話がある。また、コーヒーや紅茶、緑茶なども鉄分の吸収を妨げてしまうようなので、できる限り避けてみよう。

貧血があまりに酷く続く場合は、必ず病院へ行こう。何らかの病気を発している可能性がある。

病気

病気に関しては、医師の指示に従いながら治療していくようにしよう。

病気かどうかを見つけるのは大変だが、体に異変を感じたら、躊躇せずに出向くこと。軽く見たり我慢したりした結果、ある日突然倒れてしまい、取り返しのつかないことになってしまうおそれもある。必ず足取り軽く病院へ行くようにしよう。

生理

これは体の適正な働きなので悪いものではないが、緩和する余地はある。

ビタミンやミネラルが豊富なものを摂取するようにしよう。

改善のまとめ

以上、だいたい予測のつく範囲の改善法を講じてみた。

自分の手の届くところから改善を試み、それでも顔面蒼白が続くなら、ほかの原因を疑う必要がある。

私個人としては、そういった改善を試みながらも、気になった時点で病院へかかられることをおすすめする。結果が吉と出ようが凶と出ようが、事が早く済めばこれからの対策の手立ても容易になる。

気分的には弱くなりがちかもしれないが、面倒くさがることなく、改善に努めていただきたい。

まとめ

顔が青白くなったときに病気と決めつけるのは早計だ。私が見てきた中では、冷えによる血行不良が原因であることが圧倒的に多いように思う。

だから、余計な心配をしても取り越し苦労だ。まずは気を落ち着かせ、深呼吸をしてみてはいかがだろうか。

きっと大丈夫だ。

もし手軽に改善を試みたいのなら、生姜で血行を促進させることから始めてみると良いだろう。たとえ顔が青白くなかろうが、血行促進こそ万病対策にもなる。これで全てとは言わないが、血行促進でガッツを生むことは忘れないよう。

 ⇒ 生姜パワーで血行を良くしてみる

 
スポンサーリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

肌のガッツは血行促進で生まれる

美しい肌を持つ女性は私の心を打つ。また、美しい肌を持つ男性は私の心を騒ぎ立てる。 でも、肌が美しい…

記事を読む

母乳がまずいときの対策はこれ!快い育児を目指してみよう

お母さんの血行が悪く、健康もいまいちだと母乳も不味くなってしまう。それだけならまだしも、赤ちゃんはマ…

記事を読む

ピアノ・スポーツ等で手首の腱鞘炎・・・そんなときはこの方法を!

ピアノ、スポーツ、仕事、家事、育児・・・等々。世の中のあらゆることが、手首が腱鞘炎になってしまうおそ…

記事を読む

足が熱い!眠れない!・・・その原因と対策

私は、たまに足が熱いときがある。いや、あった。特に夏に頻発した。今年は大丈夫だが、足が熱いときはとに…

記事を読む

手足がしもやけになったら・・・対処法はこちら

冬の寒い日には、手足が真っ赤になってしもやけが生じることがある。すると、手がかじかんで動かないし、足…

記事を読む

PAGE TOP ↑