健康診断等で血圧が引っかかったら、再検査までに下げてみよう

公開日: : 最終更新日:2014/11/21 からだ

【読了時間:約 4 分

健康診断で、血圧が高いと言われて引っかかるという経験をしたことはあるだろうか。

通常、血圧がそんなに高くなくても、なぜか健康診断になると血圧が上がってしまうという方もけっこういらっしゃることと思う。

もちろん、元々血圧が高かかったり、高くなりやすい因子を持っていれば、緊張してしまうことで一時的に高血圧、あるいはその一歩手前として引っかかることは、往々にしてある。

別に悲観視する必要は無いが、再検査しますと言われてしまうと悔しいし、不安になってしまう。

そのため、この記事では、健康診断の再検査で血圧を完全な正常レベル(130未満)までに下げることを目標にすべく、少しだけ私から提案をしてみようと思う。絶対大丈夫という保証はないが、ぜひ参考にしていただきたい。

とりあえず日頃の食生活を見直そう

いきなり至極当然なことを申すが、まずは日頃の食生活がいかがなものか、見直してみることをおすすめしたい。

「私は減塩している。食生活は見直さない!」と頑なになってしまう方もいらっしゃるかと思うが、そうやって頑固な時点で、もしかすると血圧が上がってしまっているのかもしれない。

素直な気持ちになり、改めて考え直すくらいはしたほうが良い。減塩していても、ちまちまと間食はしていないだろうか。

もう一度、ゆっくりと食生活を見直し、改善してみよう。世間では良いとされている塩分量でも、あなたの体質では多いということもありうるので、とりあえずは、現状よりも減塩するよう試みてみよう。

とりあえずそれがひとつだ。

それから、豆知識として覚えていただきたいが、ゴマが高血圧に良いと言われている。その中に含まれてるアミノ酸の結合体「ゴマペプチド」に、血圧上昇を抑える作用があるとのことだ。

ゴマ料理を増やしてみても良いが、ゴマペプチドを用いた飲み物「ゴマペプ茶」がサントリーから出ているので、これもおすすめ。特定保健用食品(トクホ)にも指定されている画期的なお茶だ。

あなたの健康診断再検査がいつかは分からないが、毎日1本ずつ飲み続けた場合、4週間後くらいに初めて変化が現れるようだ。再検査が終わっても飲み続けてみると良いだろう。

 >> 詳細はこちら(サントリーウエルネスオンライン「ゴマペプ茶」)

ストレス抱えているなら

ストレスもまた、自律神経などに負荷を与え、血管を収縮させてしまって血圧を上げる可能性がある。

もしストレスを抱えているなら、できる限りで良いので、体を労わってあげよう。

「再検査でも引っかかったら嫌だな」と考えること自体も、意外に血圧を上げてしまう要因かもしれない。気にしてしまうことで、自ずと血管が収縮していくのだ。

とにかく大胆に過ごしてみることを心がけてみよう。

そして、ストレス解消には、栄養バランスの良い食事、そして質の良い睡眠をとることも忘れてはならない大切な事。おさえておこう。

運動不足に陥っていないか

運動不足に陥っていると、血液がドロドロになって血行不良になってしまうことがある。

もし運動不足だと感じているのであれば、定期的に体を動かすことを計画してみよう。

運動といっても激しいことは必要ない。1日30分ウォーキングをするだけでも体は元気になって、血圧の上昇を抑えやすくなる。

慣れてきたら、もっともっと増やしてみると良いだろう。私は歩くのが好きであるため、多いときには朝から晩まで歩いている。もちろん、途中で休憩をとりながらだ。

ただ、水分不足にだけは陥らないようにしている。脱水症状になると、血中の水分も減り、血行が悪くなってしまうからだ。滞りのない血流こそが、血圧上昇をおさえてくれる。

それと、ひとつ注意していただきたいことがある。

特に元々高血圧の人に言えることだが、準備体操をせずにいきなり動いたりすると、まれに血管に非常に強い負荷がかかって破裂してしまうことがある。これが脳出血などのことであり、致死率も非常に高い。

たとえ高血圧でなくても、運動前はある程度体をあたためて血行を良くしておくことが重要だ。とりわけ冬は血行が悪くなりがち。急な運動は控え、徐々に体を慣らしていこう。

遺伝的な要因の可能性もある

高血圧になりやすい・なりにくいというのは、親から受け継いだ体質である可能性もある。

遺伝子のDNAの情報によるものなので、仕方がないといえばそれまでだ。

だからといって、それを高血圧のせいにしてしまうのは早合点だと私は考えている。

親に似る部分は、体質のみならず、生活習慣にだっていえる。親が昔から高塩分の食事を摂っていれば、それを食べてきたあなたの血圧は慢性的に高くなっているはずだ。

生活習慣によって、太りやすい・太りにくいというのがあるように、血圧に関しても同じようなことが言えるだろうと私は思う。

そのため、まずはその点から考えて、改善を試みてみよう。

長年の生活が、今のあなたの体として形になっているため、改善もなかなか大変で時間のかかることだと思う。だから再検査までには間に合わないかもしれない。ただ。将来的なことを考えると、必ず改善に努める必要がある。

それをして初めてDNAのせいにすればよいと思う。もっとも、遺伝子検査をすればすんなりと分かってしまうようなことなのかもしれないが、高額なので、金銭的な余裕がある方でないと無理だろう。

とにかくリラックス

健康診断の血圧再検査の日がやって来ても、特別気負う必要は無い。

気負えば気負うほど、それが血管にストレスをかけてしまい、血圧の数値は高くなってしまう。

会場に向かう際は、慌てず、走らず、平常心で落ちついて向かうようにしよう。無理に血圧を下げようとかしなくても良い。余計なことをすると血圧は上昇する。

なお、計測前はあまり会話をしないほうが良いという意見がよく聞かれるが、私はそうとは思わない。

会話をすると心拍数が上がってしまうことがあるが、逆に、喋ることで心が落ち着き、リラックスできるという人もいるだろう。まさしく私がそのタイプで、緊張時こそ会話をしたいのだ。

要は“人による”ということだ。あなたが、会話をするほうが落ち着くというのなら、会話をしよう。ただ、興奮だけはしないよう、落ち着いてゆっくり話すように心がけよう。もっとも、話す相手がいる場合の話だが・・・。

まとめ

今回は、健康診断で血圧が引っかかってしまった方のために、再検査をクリアするための策をお伝えした。

しかし、これで必ずや大丈夫!とは言えないし、再検査までに間に合う保証もない。ただ、将来的なことも考えると大切なことばかりだと思うので、あれこれ考えずに実行してみることをおすすめしたい。

ひとまず、飲みたい方はゴマペプ茶(サントリーウエルネスオンライン)の準備にとりかかろう。1日でも早く始めるために・・・。

スポンサーリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

プリント

生理不順の改善法のひとつは、血行を促進すること

生理(月経)の周期が悪くなって悩む女性は少なくなく、特に中年の方に多く見られる症状だった。 しかし…

記事を読む

050453

ピアノ・スポーツ等で手首の腱鞘炎・・・そんなときはこの方法を!

ピアノ、スポーツ、仕事、家事、育児・・・等々。世の中のあらゆることが、手首が腱鞘炎になってしまうおそ…

記事を読む

4f07235f1fbc09079d1a232e973dc32b_s

母乳がまずいときの対策はこれ!快い育児を目指してみよう

お母さんの血行が悪く、健康もいまいちだと母乳も不味くなってしまう。それだけならまだしも、赤ちゃんはマ…

記事を読む

080791

血の気が引く感じがするとき、体では何が起きているのか

理由はどうであれ、たまに血の気が引くような感じがするときはないだろうか。私は、1ヶ月ほど前にあった。…

記事を読む

0075e0b213049a31dd8fbe7404f9f25a_s

顔や手を叩くと、なぜ肌が赤くなるのか

拍手をしたとき、蚊を叩き潰したとき、ビンタをつったとき、とにかく叩いてリズムをとったとき・・・などな…

記事を読む

PAGE TOP ↑