ネギの効果がこりゃまた良い!汗を出してポカポカなり

公開日: : 最終更新日:2014/08/29 食べ物

【読了時間:約 4 分

ネギはあらゆる料理との相性が良く、ワンアクセントを付けるにはもってこいの食材だ。

生のネギを食べると、私はいつも汗をかき、真冬の極寒日でも体が熱くなってしまい、生活に支障を来すほどだ。

汗が流れて作業に集中できないが、真冬でも芯から温かくなるため有難い存在だとは思う。臭いのは玉に瑕だが。

さて今回、そんなネギにはきっとすごい血行促進パワーがあるのではないかということで、ここで取り上げてみることにした。

じっくりご一読いただき、ネギの素晴らしい力を思い知ろう。ネギは風邪に効くといった古い言い伝えもあるくらいだから、大いに期待していただきたい。

ネギの主な成分と効果

ネギには一体どのような成分があり、またどのような効果をもたらすのだろうか。

ここでは、主なものを取り上げていこうと思う。

硫化アリル

これは、ネギ独特の辛味とニオイの成分だ。ネギの白い部分に含まれている。

この成分には菌やカビを防ぐ効果がある。

しかし揮発性があり、水や熱に弱いため、調理を経ることで効果が弱まってしまう。

アリシン

あらゆるサイトでは、硫化アリルと同一視されていることが多いが、厳密には別物なのでご注意いただきたい。ただ、どちらもアリル化合物の一種だ。

これも白い部分に含まれ、発汗を促す作用があり、血行も促進されて体がポカポカになる。そうか、これが生のネギを食べたときに身も心も熱くなる原因だったのか。

だが、硫化アリルの仲間だけあって、アリシンにも揮発性がある。

長い時間水に浸したり加熱調理をすると効果が弱まってしまう。つまり、火を入れたネギを食べても、生のものほどは汗をかきづらく、また血行促進効果も落ちるというわけだ。

ネギオール

正式な成分としては認められていないが、白い部分にはネギオールという成分が多く入っていると言われている。

これにも殺菌作用があるようだ。

βーカロテン

緑色の部分に多い。強い抗酸化作用を持ち、皮膚などの免疫機能を保護してくれる。緑黄色野菜に豊富だ。

その他

ほか、ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンK、ミネラルなども豊富に含まれている。

当然だが、それぞれ、体の健康や美容のためには必要なものばかりだ。

成分と効果のまとめ

血行を促進し、汗を出してくれる成分で注目すべきは、硫化アリルやアリシンであることが分かる。

一度思い出していただきたい。白いネギを生で食べたとき、ツンとして汗がにじみ出てこなかっただろうか。

個人差はあるだろうが、誰しもネギの健康パワーには打ち負かされていることと思う。

生の白い部分がポカポカ作用には最適

以上から分かるように、血行を促進して体をポカポカにするなら、ぜひ進んで生ネギの白い部分を食べていただきたい。

白い部分に硫化アリルやアリシンが豊富で、また、これらは加熱すると減少してしまう。

生ネギが苦手な方のおすすめの食べ方

非常にノーマルな考え方だが、私のおすすめは味噌汁に入れることだ。生ネギが苦手な方でも、比較的容易に食べられるだろう。

サラダやメインメニューの上にパラパラとトッピングしても良いが、苦手な方にとってはストレートにネギアタックを食らわされてKOだ。

そのため、味噌汁に入れれば、その熱で若干臭みが消え、また汁の中に溶け込んでいくためネギらしさが緩和される。

また、味噌(大豆)にはビタミンB1が豊富。ネギに入っている硫化アリルがこの栄養分の吸収を促進してくれる。

ビタミンB1は皮膚粘膜の健康維持や疲労回復の作用があるため、味噌汁とネギは非常に相性が良い。

昔から味噌汁にネギを入れる風習があるが、科学の発展が乏しかったにもかかわらず、人間の知恵というものには計り知れないセンスがあるなあと思わずにはいられないが、あなたはいかがだろうか。

どうしても生のネギがダメなら

色々工夫をしていただきたくは思うが、どうしても生のネギがダメだという方は、別の方法でポカポカ効果を狙ったほうが良いに決まっている。

ネギが苦手な方は、ネギに火を入れてしまう癖があるが、上でご説明したとおり、加熱したら血行促進効果が著しく低下してしまうので、ほぼ無意味と思っていただきたい。

当ブログでは何度も述べているが、生姜はいかがだろうか。

生姜にも大きなポカポカ効果が期待できる。

生姜か生ネギか、どちらが血行促進に良いか

正直言えば、どちらが血行促進に良いかは、量や質、そして個人的な体質によるものも大きいため、ハッキリとは言えない。

ただ、摂取のしやすさから言えばネギに1票を、バラエティーの豊富さから言えば生姜に1票入れたいと思う。

生姜と生ネギの最強タッグ

生姜と生ネギ・・・と言えば、あなたは何を連想するだろうか。

私は真っ先に寿司を思い浮かべた。

お寿司屋さんに行くと、まずガリが付いてくる。ガリとは、生姜を薄く切って甘酢漬けにしたものだ。まずここで生姜の登場。

そして次に、ネギトロやカツオのたたきなど、ネギのかかったネタをイメージしていただきたい。

マナー的にはどうなのかは分からないが、その寿司とガリを一緒に食べれば良いではないだろうか。カツオのたたきに至ってはわさびよりも生姜を用いることが多く、なお良い。

以上から、寿司屋さんといえば生姜と生ネギだ。寿司こそが生姜と生ネギの最強タッグではないかと私は考えている。

・・・とは言うものの、最初から生姜とネギを使ったソースを作り、それを料理にかけるというのが一番シンプルな考え方かもしれない。ただ、そのソースがどんな料理に合うのかは、料理無精の私には分かりやしない。

まとめ

最後のほうは本題からだいぶずれてしまったが、今回はネギの血行促進の効果についてお話しした。

火を入れて味わうネギも嫌いではないが、やはり、生のネギ、とりわけ白い部分を集中的に食べてみたいものだ。

最後にちょっとした注意点を述べよう。

生のネギは臭い。デート前、大切な商談のある前、演劇のお稽古前などは、なるべく生ネギを食べないようにしよう。ニンニクほどの強さはないが、近づくだけでも案外臭う。汗も臭くなるので、食べるときはその辺も考慮に入れてみよう。それがマナーというものだ。

スポンサーリンク

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

9801c13d86d85b17e841d19c94c4e4c3_s

にんにくで血行促進!冷え改善!活力UP!

にんにくはお好きだろうか? あらゆる料理に入っており、香りをグッと強めてくれる。臭いことは臭いのだ…

記事を読む

4da9a0eb8e14305bca878702c8833825_s

唐辛子で代謝は良くなるのか?健康に対するひとつの真実

寒い時期に唐辛子の入ったものを食べたりすると、体の奥のほうから温かくなる。 いや、ときには汗がダラ…

記事を読む

ac8de00b8008a00ba479075c367e0188_s

わさびにも生姜のように血行を良くする効果があるのかどうか

寿司や刺身でお馴染のわさび。ピリッとして程よいアクセントになる。 私は大量にわさびを塗りたぐっ…

記事を読む

ee5796873835545ad899f847fa47f1fb_s

カレーを食べれば元気になれる!

日本人に愛されてやまないカレー。匂いを嗅いだだけでも大いに食欲をそそり、腹が減って仕事のヤル気を無く…

記事を読む

2f45c70cdb81cf8b6a7dab833970a2de_s

生姜の食べ過ぎがもたらす副作用的な反応は?

生姜には血行促進効果があり、体を温めるには最適な食材であることは当ブログで何度もお伝えしている。 …

記事を読む

PAGE TOP ↑